医療機関を使って全身脱毛するデメリット

痛みが強く出る可能性がある

プロの脱毛を利用する際は、エステサロンを選ぶか、それとも医療機関にするかで悩んでいる人もいるのではないでしょうか。まず、それぞれの違いを知っておきたいところですが医療機関では医療用レーザーによる照射が中心です。これに対してエステサロンではIPLなどの光を照射する光脱毛が主流です。施術内容はどちらも良く似ていますが、出力に違いがあり高出力で対応できる医療レーザー脱毛は効果が高く永久脱毛に向いている方法です。医療脱毛のメリットだけではなく、デメリットも知っておきたいところですが高出力のために痛みが強く出る可能性があります。痛みが強いと続けていくのは困難となりますので、正式に契約する前にテスト照射で我慢できる程度であるかを確認しておきたいところです。

料金が高くつく場合も

最近は脱毛の技術が進化していることもあり、全身脱毛もより低価格で利用できるようになりました。エステサロンではかなり安価で施術を提供するところも増えていますが、医療脱毛はより高額になることが多くなっています。レーザーを使用した脱毛も医療行為ですが、美容目的の施術ということもあり、保険適用はされません。それゆえ、施術費用はすべて実費になることは理解しておきましょう。施術費用はクリニックごとに違いがありますので、じっくり比較して高品質な施術を安く提供するところを見つけたいものです。痛みが苦手という人は麻酔クリームなどで対応してもらうこともできますが、麻酔を使うとその分高くなることになります。剃り残しがある場合の剃毛料金なども無料か有料であるかも確かめておきましょう。