医療機関を使って全身脱毛するメリット

短期間で脱毛が完了する

脱毛には、サロンで行う光脱毛と医療機関で行う医療レーザー脱毛があります。どちらも光やレーザーを照射して毛根にダメージを与え、ムダ毛の再生を阻止するというものです。しかし、医療レーザー脱毛の方が照射のパワーが強いため、脱毛効果も高く短期間で脱毛が完了するのがメリットとなります。
光脱毛なら、つるつるの状態になるには15回から18回の施術を受けねばなりませんが、医療レーザー脱毛なら7回から9回ほどでつるつるの状態になれるでしょう。光脱毛は完了するまでに2年から3年かかるのに対し、医療レーザー脱毛なら1年から1年半ほどで完了することが可能です。
通う回数がサロン脱毛の半分ほどで良いので、時間を節約することができます。

医療レーザー脱毛のみ永久脱毛ができる

医療レーザー脱毛のメリットの1つに、永久脱毛ができることがあげられます。光脱毛も継続して施術を受けることでムダ毛が生えなくなりますが、永久脱毛と宣伝することが許されているのは医療レーザー脱毛です。
中には、脱毛が完了した後に数本ちょろっと毛が生えてくることもあるようですが、多くのクリニックはアフターケアを行っているので無料で処理してもらえることがほとんどです。施術完了から10年以上の年月が過ぎても、生えてくることがないと認められています。
サロン脱毛でも電気脱毛は永久脱毛ができますが、毛穴に電流を通して毛根を破壊するというかなり痛みの伴う方法です。医療レーザー脱毛は痛みも少なく、一度に広範囲の処理ができるのもメリットです。